Java 変数型 変数の扱い

Javaでの変数の扱いを学ぶ。今日学ぶ内容は変数の型、定義、代入、初期化についてである。

変数の型

 Javaで変数を定義する際は必ず型を決めてやらなければならない。

 型は基本データ型(primitive型)参照型の2種類に大きく分けられ、それぞれで扱いが異なるので注意が必要

 基本データ型は小文字から始まり、参照型は大文字から始めるのが見分け方だ。

 基本データ型では変数の中身に値そのものが入っていて、参照型では参照値が入っているという違いがある。

基本データ型

種類名前意味
論理値型boolean真偽値(true or false)
文字型char文字を格納する
整数型byte8bitの符号付整数を格納する(-128~127)(-2**7~2**7-1)
整数型short16bitの符号付整数を格納する(-32768~32767)(-2**15~2**15-1)
整数型int32bitの符号付整数を格納する(-2147483648~-2147483647)(-2**31~2**31-1)
整数型long64bitの符号付整数を格納する(-2**63~2**63-1)
浮動小数点型float32bitの単精度浮動小数を格納する
浮動小数点型double64bitの倍精度浮動小数を格納する
型推論var初期化時のみに使えて自動的に適切な変数型が設定される

基本データ型には上記の8種類あることを覚えよう。varはたぶん基本データ型ではない?

参照型

 値そのものを保持するのではなく、値が置いてある場所を保持する型。
そのように、値が置いてある場所を示す(参照型の)値を保持する変数を 参照型変数という。参照型にはクラス型、インタフェース型、型変数、配列型の 4種類があります。

変数名のルール

  • 数字から始めてはいけない
  • _(アンダーバー)以外の記号を含んではいけない
  • 大文字と小文字は区別される

変数名に関するルールはこれだけである。これを守ってできるだけ分かりやすい名前を付ける。

変数の定義

変数を定義する際は

  • 変数型 変数名;

と記述する。

変数への代入

変数に値を格納する際は

  • 変数名=値;

というように行う。文字型の場合はシングルクオテーション、文字列型の場合はダブルクオテーションで値を囲う必要があることに要注意。

変数の初期化

変数の定義と代入を同時に行うことを初期化という。初期化は次のように行う。

  • 変数型 変数名=値;

では例を見てみよう。

実際に様々な変数を初期化してコンソールに出力してみた。文字列を繋ぐときは+でつなげることができる。

基本データ型と参照型の扱いの違い

 扱いの違いについてはこちらのサイトが詳しい。こちらでは比較演算子を使って実際に扱いが異なることを確認してみる。

 基本データ型では変数名が異なっていても、その変数に格納されているのは値そのものなので、比較演算子で比較するとtrueが出る。

 逆に2個目の参照型では変数に格納されているのは値の場所(この場合”molly”)を示す参照値というものであり、インスタンス生成のたびに別の場所にmollyのデータが格納されるので、その参照値も異なる。よって、比較演算子で異なる参照値が比較され、falseが表示される

 3個目は参照型のはずなのにtrueが返ってくる。これはString型の変数をnewをせずに作るときにもうすでに同じものがあったら、それを参照するように設定されているかららしい。

 4個目のint[]は配列型である。配列型も参照型なので、普通に==で比較すると配列の要素自体等しくてもfalseが出る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました